多治見市PRセンターの企画展
 多治見市PRセンターでは、月替わりで様々なテーマの企画展を行っています。地元の若手作家の発表の場として、出店者を広く募集しています。
平成28年度企画展の出店者募集について(PDF)
 














企画展『木と布と わたし達の手仕事展』 期間 2016年4月1日−4月29日

多治見市PRセンターの4月の企画展は、多治見市出身の木工と布、2名の女性作家による細部まで丁寧に作られた作品を展示販売します。

木工作家の門間和沙さんは高山の木工訓練校を修了後、瑞浪市のFactory Kakamuにて親方の各務政幸さんのもとで木工作品を制作しています。
布作家のhito*hitoさんは、被服科の学校で裁縫の基礎を学び、オリジナルの布小物作りを始めます。多治見市文化会館で開催される人気のイベント「スーパー手作りマーケット」の第一回(2010年)から毎年出展し、作品の発表をしてきました。
ほしいものを形にする女性ならではの発想と、きめ細やかな手仕事。素敵な作品に出会いに、是非足をお運びください。

出品作家/門間和沙(Factory Kakamu)・hito*hito


 









企画展『花のための器展』 2016年5月1日-5月30日

花が咲き誇る5月に、花器や植木鉢の展示販売を行います。出品作家は多治見・土岐市で制作活動をする20代〜50代の陶芸・木工の作家9名。
花の姿がひきたつよう、丁寧に薄く作られた磁器の花器や、土の質感が残る陶器の植木鉢など、個性ある67点が並びます。
作家自身が器の雰囲気に合わせて、多肉植物やサボテンを植え込んだ植木鉢も販売します。
新緑の季節、暮らしの中にも素敵に緑をとりいれてみませんか?

出品作家/アサ佳・木谷恵美・水谷直樹・水谷なおこ・藤村佳澄・今井千代・村上洋子・三尾忍・Factory Kakamu

 


企画展『タイルをめぐる 多治見散歩』 2016年6月1日-6月29日

6月4日にオープンする「モザイクタイルミュージアム」にちなみ、多治見市PRセンターでは企画展「タイルをめぐる 多治見散歩」を開催します。
市内3ヶ所のタイルショップの協力のもと、タイルの魅力、使い方、楽しみ方をご紹介します。
「子どもと一緒に何か作ってみたい」「家の表札やインテリアを作りたい」など、タイルをきっかけに何かを作りたくなる気持ちがムクムク湧いてきますよ!是非、足をお運びください。

モザイク美鈴(小路町)
モザイク装飾家の曽根研さんが主催するタイルアート教室。教室で制作する作品の展示、材料が全て揃っている制作キットの販売、6種類の色鮮やかなタイルの詰め合わせを販売します。
http://misuzuart.jp/


七窯社(ななようしゃ) 鈴木タイル店(高田町)
タイル建材メーカーの三代目社長が、一般消費者にも楽しんでもらいたいとタイルを使ったアクセサリーを考案。多治見市陶磁器意匠研究所OBの女性作家が制作に加わった、温かみのあるタイルピアスやブローチを販売します。
http://nanayosha.com/


スワンタイルカフェ(旭ヶ丘)
タイルメーカーが運営するカフェ兼工房。工房で制作できるタイルアートのコースター、植木鉢を展示します。美味しいカフェメニューにも注目です!
http://swantilecafe.jp/

 










企画展『涼をまとう 夏の器展』 2016年7月1日-7月31日 ※7月6日(水)は臨時休館

暑い季節にとりいれたい、目にも涼やかな陶器とガラスのアイテムが集まりました。

水面を思わせる装飾が施されたお皿や、大ぶりのピッチャー、冷奴が似合いそうな小鉢、
ガラスの蚊遣り、涼やかな草花の陶のブローチ、アンティークの日本製ガラスのコップやかき氷皿などが並びます。
どれも作り手の心がこめられた、素敵な作品ばかりです。是非、足をお運びください。

出店作家/ツチノネ工房(陶器)・藤村佳澄(陶器)・久萌(陶のアクセサリー)・スタジオカルダー(ガラス)・天地堂(骨董ガラス)・梅本尋司(陶器)・泉田知香(陶器)
※梅本尋司さん・泉田知香さんは7月3日からの展示になります。






 









企画展『わぼんのおぼん展』 2016年8月2日-8月30日 10:00〜18:00

多治見の市之倉オリベストリート入口で、陶芸作家の土屋尚美さんとお母さんが営む古民家ギャラリーカフェ「わぼん」が、多治見市PRセンターで1ヶ月間の出張販売を行います。
「わぼん」のために各作家が制作した「わぼんクラフト」を中心に、色とりどりの陶器・ガラス・布・木工の手づくり作品が並びます。

「国際陶磁器フェスティバル‘08」で入賞した太田貢(みつぐ)さんによる磁器製の照明4種類も販売します。(天井から吊るすタイプと卓上型の2種類)
幾何学的な表情の磁器土が光を透かし、美しいシルエットを浮かび上がらせます。

「わぼん」とご縁のある、素敵な作家達との出会いがお待ちしています。ぜひ足をお運びください。

出品作家 わぼんクラフト…yuki(布)CRAFT UYA(木工)NAOMI.T(陶器)
     空西 あかね(ガラス)高山 浩子(ガラス)辻 寿(ガラス)
     太田 貢(照明・陶器)北川 タケシ(陶器)丸矢製陶(陶器)


 

 







企画展『白のうつわ展』 2016年9月2日-9月30日 10:00〜18:00

土岐市妻木町で山王窯を営む、大野繁保さんと父 繁さんによる土の温かみが伝わる鉄粉引のうつわを紹介します。
どんな料理も引き立ててくれるオフホワイトの器は、手に持つとふわりと軽く、出番が多そうなものばかり。食欲の秋にぴったりのレシピを一緒に紹介します。

 

 

]









企画展『月見のうつわ展』 2016年10月1日-10月30日 10:00〜18:00

秋の夜長を楽しむ、うさぎの絵柄の食器や、酒器を集めた企画展が始まりました。
出品は陶芸作家の小栗正男氏、夫婦ユニットのツチノネ工房、窯元の寿泉窯、骨董店の天地堂です。

のびのびとした兎の絵が描かれた食器や、兎の置物。お酒と一緒に器も楽しめる、見ごたえのある酒器。
お月見の設えにぴったりの、木皿、花入れ、盆などの骨董が並びます。
 
 







企画展『マグカップ展』 2016年11月1日-11月30日 10:00〜18:00

朝晩の冷え込みが感じられる晩秋の頃。体を温め、ほっと一息つきたい時の必需品、
マグカップを集めた企画展が多治見市PRセンターで開催されています。

小さめに作られた子供用にぴったりのカップや、秋の植物や十草模様が描かれた、味わいのあるカップ。
凛とした品格のある椿柄のカップなど。色とりどりのカップの中から、あなたの定番になるマイカップを選んでみませんか。

出品作家 安藤博允 今井千代 福井信義 三浦順治 村上洋子 森田愛子 蔵珍窯

 




企画展『開運酉こめ 鳥どりみどり展』 2016年12月2日-12月30日 10:00〜18:00

平成29年の干支・酉にちなみ、陶人形作家の各務和子さんによるカラフルな鶏・軍鶏・鳳凰の置物を販売します。
多彩な色を発色させるため、通常は素焼き・本焼きの2回窯に入れて焼成するところ、素焼き後に白色の釉薬を掛けて焼成し、
さらに上絵具で絵付けをして3〜4回焼成を繰り返します。無限の色の組み合わせが、鳥に命を吹き込み、生き生きとした姿に仕上げています。
制作に半年をかけた力作が並びます。是非、ご覧ください。

出品者  各務和子(かかむ かずこ)
経 歴  1943年 多治見市出身・在住 (73歳)
     上絵付師として40年間務めた後、陶人形師として制作を開始。
     毎年多治見市PRセンターで干支展を開催。

 


ll



企画展『冬の贈りもの展』 2017年1月5日-1月30日 10:00〜18:00

市内の障がい者就労施設に通い、就労することを目指して作業に取り組んでいる皆さんが、心を込めて作ったポーチやカバン等の布小物、
織物、陶芸作品、お菓子等を販売します。
施設を見学した際、真剣な眼差しで目の前の材料と向き合う姿に、強く心を打たれました。また、一生懸命作ったものを誰かが手に取り、
喜んでくれることが何よりも嬉しいことだと話してくれました。
商品の販売の他、施設ごとに紹介パネルを作り利用者の声や提携販売所の場所を紹介します。
また、各施設では新たに商品を取り扱っていただける販売所を募集しています。興味を持たれた方は、ぜひ実物を手にとっていただければと思います。

参加施設名
・社会就労センター けやき  布製品・クッキー
・SWINGU(スウィング)  クラフトバック
・陶技(とうぎ)学園    陶芸作品・さをり織り・石鹸
・ピュアハート姫      雑巾・エコバック・ブックカバー
・優が丘(ゆうがおか)   焼き菓子・ガーゼマスク・布製品


 




企画展『桃色の雛支度展』 2017年2月1日-2月27日 10:00〜18:00

「大人の女性が楽しむ桃の節句」をテーマに、作家による陶器・ガラスの雛人形や、桃色のブローチ等のアクセサリーを展示販売します。
小ぶりな雛人形を部屋の片隅にインテリアとして飾ったり、桃色のアクセサリーを身につけて季節感を楽しんだりと、
暮らしの中で気持ちを明るくしてくれるアイテムが揃います。

【出店者と商品】
・各務和子     陶雛人形8点 
・スタジオカルダー ガラス雛人形6点 
・久萌       陶ブローチ10点 
・七窯社      タイルのピアス・イヤリング6点 
・天地堂      季節の骨董30点(古陶器・漆器)

本町オリベストリートでも、ひなまつりに関連したイベントを開催します。
各店にて雛人形の展示・販売、おもてなし特典、スタンプラリーなど(期間2/5〜3/5)
 



企画展『春うらら 骨董遊び展』 2017年3月1日-3月30日 10:00〜18:00

本町の骨董店「アンティーク天地堂」さんから、古民具や古陶器など珍しくお値打ちな商品が多数入荷しました。
お菓子用の木型、昭和初期に美濃で作られていた貿易用の小皿、農機具のふるいなど・・・
用途を変えて、現代の暮らしの中でいかすことが出来そうな、見ていてワクワクする道具が並びます。是非、ご覧ください!



TOP